フライトマイレージを最速でためるウラワザ公開します。 クレジットカード、電子マネー、提携ポイントを組合せて大量マイルを獲得してマイル長者を目指しましょう。JAL ANA スマイルパーソナルカード 三菱UFJニコス DC OMC 電子マネー 陸マイラー
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国土交通省は2010年10月1日、航空会社が国際旅客チャーター便の航空券を個人客に販売する際の制限を31日から大幅緩和する方針を決めました。

今まで羽田空港を深夜早朝時間帯に発着する米国便は座席数の50%未満までしかばら売りできませんでした。

地方空港発着のチャーター便でも規制を見直すことになります。

チャーター便は団体旅行客向けとして、ばら売りを制限されていました。

乗客の需給に対応して航空会社がチャーター便を飛ばしやすくなりそうです 

深夜早朝に羽田空港を発着するチャーター便のばら売り解禁は、航空自由化で合意しているアメリカとの便がまず実施されます。

今後、韓国などアジアにも広がるそうです。

細かい決まりがあるものです。

続きはこちら・・・Checking to the blogranking





参考になったらクリックお願いします 人気ブログランキング

今日のランキングは?
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中


地方空港では国際定期便が運航する路線のチャーター便のばら売りは座席数の50%未満までですが、今後は定期便がない路線のチャーター便も現在の規制を見直し、「50%未満まで」販売できるようになります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jaljaljal.blog93.fc2.com/tb.php/438-38636894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。