フライトマイレージを最速でためるウラワザ公開します。 クレジットカード、電子マネー、提携ポイントを組合せて大量マイルを獲得してマイル長者を目指しましょう。JAL ANA スマイルパーソナルカード 三菱UFJニコス DC OMC 電子マネー 陸マイラー
2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAL、日本航空への支援を申し出ている世界最大の米デルタ航空と、2位の米アメリカン航空が、それぞれの支援策を発表ました。

支援額はともに1千億円近金額となっています。

さらに金額が上積みされる可能性が濃厚です。

JALは年内にも提携相手を決める方針です。

アメリカン航空の親会社AMRは、米大手ファンドTPGと共同でJALに最大11億ドル(約957億円)出資する用意があると表明しました。

JALは、アメリカン航空と同じンワールドに所属しています。

一方、国際航空連合スカイチームを率いるデルタ航空は、5億ドルの資本や融資、損失保証を含む計10億2千万ドル(約887億円)を提示しています。

両社とも力が入るのは、日本とアメリカが、オープンスカイ(航空自由化)協定に合意する見通しだからです。

協定が結ばれると、日米それぞれの航空会社同士が、独占禁止法の適用除外を日米当局から受けたうえで、合弁事業に乗り出せるようになります。

運賃や路線の調整がしやすくなり、収益増や競争力強化を期待できます。

ANAは、スターアライアンスの米ユナイテッド航空、米コンチネンタル航空と合弁事業の下準備をすでに進めています。

 

続きはこちら・・・Checking to the blogranking

空港ラウンジが無料でつかえます。
JCBゴールドカード初年度年会費無料 申し込みはこちら



続きはこちら・・・Checking to the blogranking


参考になったらクリックお願いします 人気ブログランキング

今日のランキングは?
にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ
「ポイント・マイル」ブログランキング参加中



JALが、デルタ、アメリカンのどちらと組むかで連合の日米路線のシェアは大きく変わります。

JALがスカイチームに入れば日米路線のシェアは62%にもなります。

JALとスカイチームは独禁法の適用除外を受けられないかもしれません。

これに対しデルタ航空は、ハワイ便などを除いた米本土と日本便の旅客シェアは46%で、アジア―北米市場でみればさらに低い水準だと主張しています。

JALは、2009年10月に米社との合弁事業を始めたい考のようです。

欧米の例では、独禁法適用除外の申請から認可まで6〜10カ月かかるため、2009年12月中には結論を出す見込みです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jaljaljal.blog93.fc2.com/tb.php/382-e90a5ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2009/12/13(日) 17:36:07 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。