フライトマイレージを最速でためるウラワザ公開します。 クレジットカード、電子マネー、提携ポイントを組合せて大量マイルを獲得してマイル長者を目指しましょう。JAL ANA スマイルパーソナルカード 三菱UFJニコス DC OMC 電子マネー 陸マイラー
2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
208年4月1日午後8時半、羽田空港からANAの航空機が180人の搭乗客をのせて、香港に出発しました。

実は、これは画期的なことでした。

すでに、羽田からは国際線がソウル、上海に就航しています。

しかし、香港線は意味合いが異なるのです。

国際線は、2000キロまでという、暗黙の了解があるそうです。

成田空港の空洞化を恐れた国土交通省の規制があります。

ソウル、上海は2000キロ以内です。

それでは、なぜ香港線が就航できたのでしょうか。

それを可能にしたのは、ANAがみつけた、ウラワザでした。

そのウラワザとは・・・Checking to the blogranking


初年度無料、しかも入会でANA4000マイルもらえます。
こちらから申し込めます。

距離規制の対象は定期便のみです。

そこで目を付けたのはチャーター便です。

毎日定時に飛ぶチャーター便というわけです。

ANAだからこそできたウラワザでしょうか。

成田空港が開港した時は、世界的に見て、都心から遠い空港でしたが、今はインチョン、クアラルンプールなど成田と距離はあまり変わらなく、他の空港と比べてそれほど遠くなくなりました。

そもそも、成田空港を造らず、羽田沖合の埋め立てを最初からしておけば、良かった。いまさら遅いですが。

成田の立場も、よくわかります。

ANAは、沖縄をアジアの貨物拠点にする構想を持っています。

アジアの空港から近い、那覇空港に目を付け、ソウルー那覇ー上海のような路線を考えています。

さらに、ローコストキャリア(LCC)に対抗するため、グループ内にローコストキャリア(LCC)を新設する準備に入っています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://jaljaljal.blog93.fc2.com/tb.php/276-09defb45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。